就活前に「2017年卒の採用日程」を押さえよう

大学3年生が今この時期にやるべきこと<2>

志望企業を選択する際には、「企業理念や目標・戦略」「仕事内容」「風土・働く人との相性」「制度・待遇」など、自分の価値観の優先順位によってさまざまな観点から企業を研究することが大切です。

他方、入社後の新入社員研修修了後に待っているのは実際の仕事です。私は、いくら会社に将来性があり、風土が自分に合い、待遇が良くとも仕事内容に魅力や、やりがいを感じられなければ、その企業で長く働くことが難しいと思っています。従って仕事研究は就活生にとって欠かせないものとなります。

今の時点で、業界・仕事研究を充実させることは極めて大切です。そして、インターンシップの参加を検討する場合には、同一業界では1社に参加すれば十分です。出来るだけ、複数の業界のインターンシップに参加して、「仕事研究」を深めることをお勧めします。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナショックの大波紋
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手不動産がこぞって参戦<br>「シェアオフィス」ブームの内実

テレワークや働き方改革の浸透で存在感を高めているのが「シェアオフィス」です。大手から中小まで多数の参入が相次いでいますが、目的はさまざま。通常のオフィス賃貸と比べた収益性も事業者で濃淡があり、工夫が必要です。