朗報!実は「男の脂肪」は簡単に落ちる

無理なく25キロ落とした筆者が語る

これを太ったと早合点して、翌日に1食抜くなどといった「1日で帳尻を合わせようとする」行為は、最もやってはいけないこと。飢餓から身を守る本能にスイッチが入ってしまい、体が余計な脂肪を蓄え、かえって食欲も増大させてしまうという危険性があるからだ。

女性より男性の脂肪が落ちやすいわけ

上の画像をクリックするとサイトにジャンプします

ではやっぱり毎日つらい食事制限が必要なのか……と肩を落としたそこのあなた、いやそうではない。実は、きつい運動や厳しい食事制限などせず、ダイエットに関する意識のズレを少々修正するだけで、男は簡単に痩せられる体に変身する。

そう、幸いなことに、“男性は女性よりも脂肪を落としやすい”体質なのだ。「簡単に」と聞いて、眉唾だと感じる人もいるかもしれない。しかし安心してほしい。実は筆者自身、83キログラムという立派なメタボ体型から2年間で25キログラムのダイエットに成功した実績を持っているのである。

体がスリムになったことで自信がついた。周囲の目も変わった。仕事での信頼感もアップし、人とのコミュニケーションがうまくいくようになった。人生自体がスリム化され、劇的に変わったのだ。腹を凹ませたことによるこの好循環を、ぜひすべての男性に体験してほしい。そう思い、男性のための体の絞り方を日々レクチャーしている。

話を元に戻そう。「男性は痩せやすい」。この理由は、男性と女性の脂肪の付き方の違いにある。

一般的に男性は腹回りに「内臓脂肪」がつきやすく、女性は下腹部や腰回り、太ももなどに「皮下脂肪」がつきやすい。よく男性の肥満は「リンゴ型」、女性の肥満は「洋ナシ型」と言われるが、これは男女の太り方の違いをよく表している。

そしてこの「内臓脂肪」は、「皮下脂肪」に比べて血中に溶け出しやすいという特徴を持つ。溶け出した脂肪は燃焼させやすい。つまり、男性は女性に比べて比較的簡単に脂肪を減らすことができるというわけだ。しかも最もつきやすい腹の脂肪は最も落としやすい脂肪でもある。腹を凹ませるということは、思いのほか簡単なことなのだ。

次ページ男性に有効な運動方法とは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の株入門<br>『会社四季報』公式!銘柄ガイド

コロナ禍で株価が激動、将来不安や在宅勤務で「株デビュー」する人が増えています。チャートの読み方、お得な優待銘柄、ネット証券の選び方など株式投資の入門情報を満載。四季報最新号のランキングによる銘柄選びも。

東洋経済education×ICT