中国企業が米国で歓迎されない理由とは

 

 

米国は、国内市場を守るために、外国製品がダンピングや補助金による生産に当たらないか、あるいは特許や商標、著作権を侵害していないかを調査するため、国際貿易委員会を設けている。

統計によると、国際貿易委員会が2011年に行った「337調査」(米関税法337条に基づく調査)は69件、うち中国企業関連は26件と全体の3分の1以上を占めた。対象となったのは電子情報製品、軽工業製品などで、いずれも特許侵害だった。また中国商務部の統計によると、12年4月現在、米国は中国に対してセーフガード(高関税や数量制限)を合計114件発動している。

(3)不公正貿易

12年2月、米国は省庁間通商執行センターを置いた。不公正な貿易慣行のある国を調査する機関だ。オバマ大統領は演説の中で、「中国を含む不公正な貿易慣行に対抗する」と述べ、中国を名指ししていた。

米国がとりわけ念頭に置いているのは中国の国有企業だ。米国は投資主体が国有企業かどうかに着目している。最近、米国を視察した国営企業関係者は、米国側の関心がつねに「中国の国有企業はいつ改革するか」にあったと語る。

今や米国の関心は、中国企業による貿易それ自体から、その企業のガバナンスや経営実態に移っている。中国企業が政府から特別な補助金を受け取っていないか。もしそうならば、企業側に改革を迫るか、不公正貿易を理由に米国進出を拒絶する。今後、米国進出が困難になるのは国有企業だろう。

歓迎される四つのケース

一方、米国から歓迎される企業進出もある。それは四つに分けられる。

 

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
  • 今見るべきネット配信番組
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT