中国企業が米国で歓迎されない理由とは

 

 

(1)国債購入だけで企業投資をしない

「米国債の大量購入は歓迎。でも米国企業に投資しないで」。かつて米タイム誌はこう書いた。中国は米国債の最大の保有国である。

中国の専門家からは米国債の安全性について懸念の声もあるが、米政府は「米国債は非常に安全」と喧伝している。

(2)「メード・イン・アメリカ」を支える製造業への投資

米国はいま製造業の再建に取り組んでいる。近年、中国の対米投資案件で最もスムーズに進むのが製造業だ。10年に行われた中国による2億ドル以上の対米投資のうち、半数以上の案件が製造業であり、最大の投資先は機械設備と電子製造業だった。オバマ政権は、「再工業化政策」を打ち出している。

(3)更新期を迎えるインフラへの投資

米国が差し迫って必要としているのは、インフラ・建設分野への投資だ。理由は二つある。

一つは、大統領選挙を目前にして、即効性のある経済対策を必要としていること。もう一つはインフラの老朽化だ。米国の道路はほとんどが30年代から70年代に建設され、それ以後、大規模な改修が行われず、傷みが目立っている。鉄道も老朽化している。

(4)中国に競争力がない分野への投資

中国に競争力がない分野は、米国に脅威とならず歓迎される。金融やエンターテインメントがそうである。中国工商銀行による米バンク・オブ・イースト・アジアの買収、娯楽業の万達による映画館チェーン・AMC買収は、何ら問題とならなかった。

(中国『中国経済周刊』5月21日号/李 小暁記者 =週刊東洋経済2012年6月30日号)

記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

 

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
  • 今見るべきネット配信番組
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT