羽生結弦が世界歴代最高得点で首位に

NHK杯男子のショートプログラムで

 11月27日、フィギュアスケートのGPシリーズ第6戦、NHK杯の男子SPで羽生結弦が自身のSP世界歴代最高得点を更新する106.33点をマークし、首位に立った(2015年 ロイター/Yuya Shino)

[27日 ロイター] - フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦、NHK杯は27日、長野市のビッグハットで競技を行い、男子ショートプログラム(SP)で羽生結弦が自身のSP世界歴代最高得点を更新する106.33点をマークし、首位に立った。

羽生は4回転ジャンプを2回跳び、成功させた。

無良崇人が88.29点で3位、田中刑事は73.74点で9位だった。金博洋(中国)が95.64点で2位につけた。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナウイルスの恐怖
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • イマドキのLINE事情
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
北朝鮮が「新戦略兵器」?<br>強硬姿勢アピールの舞台裏

昨年末「新たな戦略兵器」との発言が報じられた金正恩委員長。強硬路線を取るとみられたものの、報告内容をよく読むと「自力更生」と経済の重視に力点があります。北朝鮮、米国、韓国、日本それぞれの立ち位置を考察します。