羽生結弦が世界歴代最高得点で首位に

NHK杯男子のショートプログラムで

 11月27日、フィギュアスケートのGPシリーズ第6戦、NHK杯の男子SPで羽生結弦が自身のSP世界歴代最高得点を更新する106.33点をマークし、首位に立った(2015年 ロイター/Yuya Shino)

[27日 ロイター] - フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦、NHK杯は27日、長野市のビッグハットで競技を行い、男子ショートプログラム(SP)で羽生結弦が自身のSP世界歴代最高得点を更新する106.33点をマークし、首位に立った。

羽生は4回転ジャンプを2回跳び、成功させた。

無良崇人が88.29点で3位、田中刑事は73.74点で9位だった。金博洋(中国)が95.64点で2位につけた。

関連記事
トピックボードAD
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • Tリーグ成功への道のり
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
トヨタとソフトバンク<br>入り乱れる異業種連携

「モビリティサービス会社に変わる」宣言をしたトヨタ自動車が、常に先を行くソフトバンクに頭を下げた。世界企業の合従連衡を1枚で表した「自動車・IT業界地図」に崩れる垣根が一目瞭然。