「リーダースキル」はリーダーになる前に磨け

自分の「心と技」をマネジメントする

これに加えて、より本質的に大切な視点は、3~5年後をめどに自分のありたい姿を想定し、必要となりそうな能力の獲得を「今」始めるということです。

5年後には、メンバーを抱えて、部の収支を背負って、事業をつくっていきたいと思っているとしましょう。このような人は、ひととおりの経営の知識(たとえばMBAの1年時で学ぶ必修科目)は必須です。このような場合、学ぶだけで1年程度、実践で使い自分のものにするのに2年程度の時間がかかるでしょう。

こうなると、3年後にありたい姿になるためには、「今」学びを始めなければならないのです。

なってから準備では遅い

ちょっと、こんなシーンを想像してみてください。皆さんの会社の新社長が、社長になったその日から、「よい社長になるための方法」という本を読み始めました。みなさん、びっくりするか、あきれてしまうでしょう。しかし、中間管理職の場合、そのようなことが笑い話ではなく、実際にあちこちで発生しているのです。

本来であれば、課長になるのにふさわしい人が課長になるべきあり、課長になってから勉強するのは、論理的にもおかしい話です。

つまり、極めてシンプルに、チームリーダーになってからチームリーダーに必要なことを学び始めるのでは、遅すぎることを認識しなければならないのです。

今回は、リーダーとして「心・技・体」をマネジメントすることの大切さについて見てきましたが、いつの時も、「気がついたときがいちばん早いタイミング」であるということを肝に銘じて、能力開発に励んでいただきたいと思います。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT