中国人エリートは日本人をこう見る 中島恵著

中国人エリートは日本人をこう見る 中島恵著

多くの日本人にとっては、銀座でブランドものを買いあさる中国人と、いまだ発展途上にある中国のイメージとが、まだ頭の中で整理されていない段階なのかもしれない。しかし、1980~90年代生まれの若者は確実に変わってきているという。

中国人が日本に来ていちばん感動するのがきれいなトイレ。日本人というと、真っ先に思い浮かぶのは、アニメや漫画、ゲームなどのサブカルチャーで、中国のオタクの間では、この三つを総称してACGと呼ぶそうだ。

なぜ日本が好きなのか。なぜ日本企業がすばらしいと感じるのか。日中両国に住む中国人の若手エリートおよそ100人が語る、にわかには信じがたい「日本論・日本人論」。

日経プレミアシリーズ 893円

  

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
会計新基準<br>「売上高」が変わる

売上高が6割減にもかかわらず、営業利益は増えた企業も現れた。会計の新基準を適用した結果だ。全産業にかかわる過去最大の基準変更が今年から徐々に広がっていく。