君はスカーレット・ヨハンソンの映画を見たか

美人女優が出演するSF4作品の魅力

『LUCY/ルーシー』
『LUCY/ルーシー』(2014/フランス/89分)

『ニキータ』(1990年)=アンヌ・パリロー、『レオン』(1994年)=ナタリー・ポートマン、『フィフス・エレメント』(1997年)=ミラ・ジョヴォヴィッチと、つねに斬新なヒロイン像を確立してきたベッソンが新作でフィーチャーしたニュー・ヒロインは、いま世界最注目の女優のひとり、スカーレット・ヨハンソン。本作においても覚醒したスーパー・ウーマン役で、見事にはじけ飛んでいる。

ある日、ひょんなことから台北のホテルで、マフィアの闇取引に巻き込まれてしまった平凡な女性ルーシー(スカーレット・ヨハンソン)。脅されたあげく体内に新種の麻薬を埋め込まれ、運び屋に仕立て上げられる。ところが腹部を蹴られたはずみで麻薬が体内に流出してしまう。このアクシデントで、通常は10%しか機能していないはずの彼女の脳が急速に100%に向かって覚醒し始め、強大なる未知のパワーを得てしまうのだが……。

薬物での覚醒~スーパー・パワー獲得となれば、即、大友克洋のコミック『AKIRA』が思い浮かぶ。しかし類似性はさほどなく、むしろ部分的には『2001年宇宙の旅』(1968年)のスターゲイト・シーンを想起させる。また、大物俳優モーガン・フリーマンがキャスティングされるも、映画の大半はヨハンソン=ルーシーの独壇場。まさしく、これは“ルーシー・ショー”(年配者しかわからない?)だ。

ラストがちょっとアッケないが、電脳SFエンターテイメントとして、うるさいこと(科学的な整合性?)言いっこなしで鑑賞すれば、比較的上映時間も短いので、充分満足が得られるはず。ネタを詰め込みすぎて、散漫になるよりましだろう。超人ルーシーの続編があるとするなら、『スピーシーズ』に似てきそうな予感?(すでに似てるか!?)

(文:たかみひろし/音楽・映像プロデューサー)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • コロナ後を生き抜く
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT