君はスカーレット・ヨハンソンの映画を見たか

美人女優が出演するSF4作品の魅力

『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』
『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』(2014年/アメリカ/136分)

マーベル・コミック最強ヒーローたちの原点にして初代英雄、『アベンジャーズ』でもリーダー格となる(典型的な)アメリカン・ヒーロー、キャプテン・アメリカがふたたび登場! 前回の戦いから2年。ニック・フューリー率いる国際平和維持組織“S.H.I.E.L.D.”の、巨大空中母艦による全人類監視という新たな防衛システム開発に疑問を抱き始めていたキャプテンとブラック・ウィドウは、陰謀により味方から命を狙われる。そしてアベンジャーズ抹殺の危機「全世界2000万人暗殺計画」を企てる最強の暗殺者ウィンター・ソルジャーとの究極のバトルが幕を開ける。

『アンダー・ザ・スキン種の捕食』
『アンダー・ザ・スキン種の捕食』(2013年/イギリス・アメリカ・スイス/108分)

スカーレット・ヨハンソンのフルヌードの話題が先行しすぎているきらいはあるが、ちょっと風変わりなテイストのSF。なんの予備知識もなく本作を見始めると、いったいどのようなジャンルの映画なのか見当もつかないだろう。まず会話が交わされるまで開始から13分もかかるのだ! そして淡々と(スカーレット・ヨハンソンの)不思議な逆ナンパ(?)が続いた後、ラスト近くでやっと極めてショッキングなシーンがあり、初めて本作がSFらしいということがわかる。「ついにキューブリックの継承者を見つけたかもしれない」という評は、いくらなんでも褒めすぎにしても、「官能的で感覚的」な作品であることに違いない。

『her/世界でひとつの彼女』
『her/世界でひとつの彼女』(2013年/アメリカ/126分)

果たして(実体のない)OSとの恋は実るのか? 近未来のロサンゼルス。妻キャサリンと離婚調停中の“代筆ライター”セオドアは、広告で見た最新のAI(人工知能)型OSを導入する。起動させると、画面の奥から優しい女性の声が話しかける。AIでありながらユーモラスで純真、セクシーで、誰より人間らしいOSサマンサ。デートをしたり、旅行をしたり(OSなので端末ともリンク)する新鮮で刺激的な時間を重ねる中、セオドアのサマンサへの思いは恋へと変わっていくのだが……。スカーレット・ヨハンソンはローマ国際映画祭で、史上初となる声だけ出演で最優秀女優賞に輝いた。

次ページ今回の特選はコレ!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 親という「業」
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権大研究<br>行方を占う5つのポイント

歴代最長の7年8カ月に及んだ安倍政権から何が変わるのか。「自助」好き、「経産省内閣」の継承の有無、解散総選挙など5つの観点で読み解きます。エコノミスト17人へ緊急アンケートを実施、経済見通しと課題も浮き彫りに。

東洋経済education×ICT