7-9月期のGDPは2四半期連続のマイナスに

投資・在庫が成長を押し下げ

他方、設備投資は同1.3%減と2四半期連続の減少。4─6月期から減少幅が拡大、特殊産業機械や建設、自動車などへの支出が減少した。設備投資計画の実行に企業が二の足を踏んでいる可能性がある。

在庫投資はマイナス0.5%となり、企業が在庫を取り崩して需要に対応している形。在庫の減少は、次の四半期での生産増加、在庫増加につながりやすく、景気にとってはプラスともいえる。

実質GDPにおける内需の寄与度はマイナス0.3%で、3四半期ぶりのマイナスに落ち込んだ。

2015年度成長率、1%に届かない見通し

2015年度の政府成長見通しはプラス1.5%だが、7─9月期がマイナス成長となったことで、エコノミストらは景気を「踊り場」とみており、年度で1%に届かない可能性が高まっている。

また、GDPデフレーターは前期比で0.2%の上昇となり、4四半期連続のプラス。前年比でも2.0%上昇と7四半期連続のプラスで、4-6月期の1.5%上昇からプラス幅が拡大した。

実質GDPがマイナスとなったこともあり、名目GDPは前期比横ばいにとどまった。

 

(中川泉 伊藤純夫 編集:内田慎一)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT