7-9月期のGDPは2四半期連続のマイナスに

投資・在庫が成長を押し下げ

 11月16日、内閣府が16日発表した2015年7─9月期国民所得統計1次速報によると、実質国内総生産(GDP)は前期比マイナス0.2%、年率換算でマイナス0.8%となった。都内で6月撮影(2015年 ロイター/Thomas Peter)

[東京 16日 ロイター] - 内閣府が16日発表した7─9月期国民所得統計1次速報によると、実質国内総生産(GDP)は前期比マイナス0.2%、年率換算でマイナス0.8%だった。4─6月期の前期比マイナス0.2%に続き2四半期連続のマイナス成長となった。設備投資と在庫投資が足を引っ張った。中国など新興国減速の影響で企業部門の慎重姿勢が強まったとみられる。消費や輸出は持ち直したが力不足だった。

消費は2四半期ぶり増、インバウンドも輸出押し上げ

民間最終消費は2四半期ぶりの増加に転じ、前期比0.5%増となった。所得回復の後押しもあったとみられ、最近の4四半期で最も高い伸びとなった。プレミアム商品券を使った消費も活発化した。住宅投資も同1.9%増と3四半期連続の増加。政府最終消費支出は同0.3%増と6四半期連続で増加した。

輸出は2四半期ぶりのプラスで同2.6%増。訪日外国人によるインバウンド消費も0.1%寄与した。世界経済減速の影響で、財の輸出は振るわなかったが、サービス輸出が好調だったとみられる。輸出が輸入の寄与度を上回り、外需寄与度はプラス0.1%と3四半期ぶりのプラスとなった。

次ページ企業活動停滞続く、設備投資が2四半期連続で減少
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ブックス・レビュー
  • 最新の週刊東洋経済
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT