年内に臨時国会を開くべき、これだけの理由

民主党の細野豪志政調会長に聞く

安倍首相は年明けに大きなツケを払うことになりそうだ(2015年 ロイター/Yuya Shino)

例年なら、秋には臨時国会が開かれる。ところが今年は安保関連法案の審議で通常国会が95日間も延長されたため、年内に国会は開かれそうにない。11月4日には安倍晋三首相が自民党の谷垣禎一幹事長と会談し、改めて秋の臨時国会を召集しないことで合意している。

首相の外遊日程も、臨時国会開会の障害になっていると言われる。安倍首相は、11月15日と16日にトルコのアンタルヤで開かれるG20 サミットに出席し、同月18日と19日にはフィリピンのマニラで開かれるAPEC首脳会議に参加する予定だ。

これに対して民主党など野党は、「臨時国会を開かないのは憲法違反だ」と政府を強く批判している。なぜ憲法違反になるのか。また臨時国会で審議されるべきものは何か。臨時国会を開くべき理由について、民主党の細野豪志政調会長に聞いた。

憲法53条の精神を無視している

「憲法53条によれば、衆参いずれかの議院の総議員の4分の1以上の要求があれば、内閣は国会を召集しなければならないことになっています。安倍政権はこれを来年1月に召集される通常国会で代替させようとしていますが、それでは少数者の声を反映しなければならないとする53条の精神を無視することになってしまいます」

京大法学部で憲法学の大家である佐藤幸治教授に師事した細野氏はこう語る。

次ページ自民党の改憲案では「20日以内に召集」
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 財新
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。