値上げ頼みの電力決算、始まった深刻な客離れ

重たい原発の維持コスト

厳しい状況の電力会社を救ったのが電気料金の値上げだった。13年3月期から3期にわたり、北陸電力、中国電力、沖縄電力を除く7社が値上げに踏み切った。関電と北海道電力では値上げは2度にわたり、料金が自由化されている企業向けでは、値上げ幅がそれぞれ累計30%弱、30%強にも達した。料金が規制された家庭向けでも各20%弱、20%強の値上げとなった。

だが、値上げは同時に、深刻な顧客離れを引き起こす。

購入電力が割高になったことから、官公庁や大企業から電力供給契約の解約が相次いでいるのだ。顧客離れについて、電力各社は「契約の離脱」という表現を用いているが、12年3月に始まった電力の部分自由化以降の累計で、東電では離脱が4万8250件、880万キロワットに達した(9月末現在)。大口需要を中心に、ガス会社や石油会社系列の新電力などから、契約を奪われたことを意味する。

大手において特に大規模な離脱が続く

離脱は特に大手において深刻。中部電力では約1万0200件、167万キロワット(9月末までの累計)、関電で1万2529件、265万キロワット(3月末までの累計、4月以降分は非公表)に上る。

さらに厳しいのは、この上期も、大規模な離脱が続いていることだ。東電では半年間で6450件、130万キロワットの純減となっている。

こうした中で16年4月には、家庭向けを含めて電力の小売り全面自由化がスタートする。再稼働の見通しが立たず、“金食い虫”と化した原発を抱えたまま、電力各社は厳しい戦いを強いられる。

「週刊東洋経済」2015年11月21日号<16日発売>「核心リポート02」を転載)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT