「地方創生」に交付金ばらまき放題の意味不明

政府自ら地方消滅に導くのはもうやめよう

と、盛り上がったところで、今週はエリザベス女王杯。

このレース、図抜けた馬がいるときはそれで決まってしまうので結構つまらんのですが、今年はダントツNo.1のショウナンパンドラが天皇賞に回り、宝塚記念2着のデニムアンドルビーはお休み・・・ということで、結構などんぐりの背比べでありますな。

枠順発表後のオッズに注目

しかし、昨年の覇者ラキシスは京都の名手、ムーアが騎乗、4月にはあのキズナをねじ伏せ、迫力は健在。昨年2着のヌーヴェレコルトも中山記念で皐月賞馬に圧勝となると、この2頭の軸はどうにも譲れない感じです。あとは京都外回りがうまいルージュバックってな話になると、実につまらない馬券ですな(笑)。

ということで、今週は万馬券なんて考えずに、手堅くいこうじゃないですか。このレースが堅い、とするといっそのことWIN5かなんかでもいいかもしれないけど。まあ。私はやめときます。

あと、京都の外回りはやはり不利です。

ですから、枠順発表後に大きくオッズがずれる可能性があり、内枠有利は否めません。その意味で、ラキシスが外枠になった場合かなり人気を落とす可能性があるので、チャンス。これでこそ名手ムーアの腕の見せどころでありまして、思い切りインをつく、派手なレースがみられるものと思います。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 不安な時代、不機嫌な人々
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT