太平洋セメント、売上高1兆円への夢を捨て、利益重視の3カ年計画を策定


 
 完全復旧は、新中計の実現に向けて、大きな弾みとなる。大船渡の2つのキルンが、災害廃棄物を含めたリサイクル原料を自治体から受け入れて、焼却したり、燃料に活用することによって、環境事業の収益増が見込まれるからだ。

かつて1兆円を目指した夢の再来は望めない。3年後の営業利益520億円に向けて、さらなる資産や事業の売却に果敢に取り組むため、向こう2期は特別損失の発生により最終利益の低迷を余儀なくされるだろう。が、新中計の最終14年度は数値は示さなかったが、特損要因をほぼ一掃して、06年度(07年3月期)に記録した過去最高の最終利益244億円更新をひそかにもくろんでいる様子だ。

◆太平洋セメントの業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示]

(古庄英一 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ニッポンの出産は安心・安全なのか
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
NHKの正体<br>膨張する公共放送を総点検

受信料収入が5年連続で過去最高を更新し、ネット常時同時配信への進出を見込むなど肥大化が進むNHK。一方でガバナンスに問題を抱えており、公共放送としての存在意義が問われている。事業体としてのNHKの全貌を総点検した。