太平洋セメント、売上高1兆円への夢を捨て、利益重視の3カ年計画を策定

拡大
縮小


 
 完全復旧は、新中計の実現に向けて、大きな弾みとなる。大船渡の2つのキルンが、災害廃棄物を含めたリサイクル原料を自治体から受け入れて、焼却したり、燃料に活用することによって、環境事業の収益増が見込まれるからだ。

かつて1兆円を目指した夢の再来は望めない。3年後の営業利益520億円に向けて、さらなる資産や事業の売却に果敢に取り組むため、向こう2期は特別損失の発生により最終利益の低迷を余儀なくされるだろう。が、新中計の最終14年度は数値は示さなかったが、特損要因をほぼ一掃して、06年度(07年3月期)に記録した過去最高の最終利益244億円更新をひそかにもくろんでいる様子だ。

◆太平洋セメントの業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示]

(古庄英一 =東洋経済オンライン)

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT