NHK「あさが来た」、「まれ」とは違う好感触

6週連続視聴率20%突破の理由を探る

実際、前作『まれ』は、脚本の迷走などを理由に、個人SNSや各メディアから過剰ともいえるバッシングを受けました。私は正直「そこまで言われるほどかな……」と思っていたのですが、これも朝ドラの視聴者層が広がり、テレビ業界のトップに君臨しているためであり、仕方がないのかもしれません。

そして、『あさが来た』を手掛けるNHK大阪のスタッフは、「絶対に失敗しない」ために、これでもかというほどの策を用意しました。

成功法則のベースと3つの新機軸

その策は「時代物の女性一代記」「波瑠さんと宮崎あおいさんのダブルヒロイン」「3つの家を描くホームドラマ要素」「頑固親父と姑イビリ」「ヒロインが話す『どす』などのキュートな方言」「決めゼリフの『びっくりぽん』」「ヒロインの幼少期に名子役の鈴木梨央を起用」など多岐に渡りますが、これらは過去のヒット作から得た成功法則。さらに、大河ドラマ『新選組!』と同じ土方歳三役で山本耕史さんを起用し、重要な役に謎のカタカナ俳優ディーン・フジオカさんを抜擢するなど、メディアやSNS対策の話題作りも万全です。

しかし、すべて成功法則通りに作っても、視聴者に既視感を抱かれるか、マンネリを感じさせるだけ。そこで制作スタッフは、「幕末からのスタート」「ヒロインの実家が名家で裕福」「大物実業家としての成功物語」という3つの新機軸を打ち出しました。いずれもこれまでの朝ドラとは一線を画すコンセプトであり、新鮮味を感じるとともに、「幕末」や「大物実業家」というキーワードで、男性たちの興味を引きつけているともいえるでしょう。

つまり制作スタッフは、「過去の財産である成功法則をベースにしつつ、思い切った仕掛けを用意していた」ということ。「好調だからこそ大胆に行こう」ではなく、「好調だからこそ慎重かつ大胆に行こう」という姿勢が伺えます。

前述した新機軸の中で、当作の中心となっているのは、「大物実業家としての成功物語」。ヒロイン・あさのモデルとなった広岡浅子は、炭鉱事業に乗り出したほか、加島銀行、大同生命、日本女子大を設立した明治を代表する実業家であり、当然ドラマもビジネスに関するシーンが大半を占めています。

いわば、『あさが来た』は、単なる女性一代記でも、家族愛の物語でもなく、半年間の放送期間に共通するメインテーマはビジネス。家族や夫婦はサブテーマにすぎず、東洋経済オンラインの読者のみなさんのようなビジネスマンにこそ見てほしい作品なのです。

次ページあさとはつから学ぶ点とは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT