決死のパナソニック、プラズマ脱却で底入れなるか

テレビ工場への巨額投資「過剰だった」


 前期に実施した人員削減や減損などの構造改革で、今13年3月期のテレビ事業で営業益均衡圏を目指す。ただ、依然、厳しい声もある。「仮に稼働率が5割を切れば、尼崎工場は閉鎖するしかない。株式市場は“プラズマ撤退”をポジティブに受け止めるだろう」(証券アナリスト)。プラズマは、医療用モニターやタブレット端末など非テレビ用の受注拡大をもくろむが、はたしてどこまで伸ばせるか。

重い“負の遺産”を引き継ぐ津賀新社長。新生パナソニックをどう舵取りするのか。5月14日発売号の『週刊東洋経済』ではパナソニック・津賀新社長のほか、ソニーの平井一夫社長、シャープの奥田隆司社長と電機大手3社の新トップが描く“起死回生策”を、徹底レポートした。

(前野 裕香 撮影:ヒラオカスタジオ =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT