決死のパナソニック、プラズマ脱却で底入れなるか

テレビ工場への巨額投資「過剰だった」


 前期に実施した人員削減や減損などの構造改革で、今13年3月期のテレビ事業で営業益均衡圏を目指す。ただ、依然、厳しい声もある。「仮に稼働率が5割を切れば、尼崎工場は閉鎖するしかない。株式市場は“プラズマ撤退”をポジティブに受け止めるだろう」(証券アナリスト)。プラズマは、医療用モニターやタブレット端末など非テレビ用の受注拡大をもくろむが、はたしてどこまで伸ばせるか。

重い“負の遺産”を引き継ぐ津賀新社長。新生パナソニックをどう舵取りするのか。5月14日発売号の『週刊東洋経済』ではパナソニック・津賀新社長のほか、ソニーの平井一夫社長、シャープの奥田隆司社長と電機大手3社の新トップが描く“起死回生策”を、徹底レポートした。

(前野 裕香 撮影:ヒラオカスタジオ =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT