上司との関係:「いい仕事」をするためのコミュニケーションとは

 

このようにコミュニケーションの《質が高い》とは、

(1)状況を的確に伝える
(2)周囲からサポートをもらう
(3)仕事の成果を高める

このサイクルを意識して対話することです。最後に仕事コミュニケーションの質の違いについて理解いただくために、問題を考えてみてください。

■問題

職場の机でメールチェックをしていたら、上司から呼ばれて

「昨日の営業会議の議事録を明日までにまとめておいてくれないか?」

と指示を受けました。多忙で業務量がパンパンなので新たな仕事をこなせるか、少々不安を感じています。そんな状態でどのような対処をしますか?

(1) 「はい、わかりました」と、質問しないで渋々作業に入る
(2) 「何枚くらいにまとめたらいいですか?」と、わからない点を尋ねる
(3) 「業務が立て込んでいるので明後日まででもいいですか?」と交渉する

ここで普段のあなたの対処、考えた結果として気づいた対処方法を書いてみましょう。

「忙しいから(3)がいいかも」

と考える人が多いようです。

さて、コミュニケーションの目的は成果を上げる=いい仕事をすることです。とすれば、いい仕事をするためには上司が期待する《議事録のまとめ》を実現するコミュニケーションをしなければなりません。つまり、大切なことは、上司が期待している成果物に近づけるために依頼内容の《確認》をすることではないでしょうか?

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT