自動車メーカー絶好調でも、株価が反応しない理由

自動車メーカー各社の今2013年3月期業績は、絶好調の見込みだ。5月10日までに、日産自動車を除く7社が決算を発表したが、全社とも増収増益。前期まで連続赤字だったマツダですら、5期ぶりに最終黒字化する。しかも販売台数は全社が増加予想で、コスト削減に頼って利益を底上げしていた前期までとは、明らかに様子が異なる。本業でのプラス転換なのだ。

トヨタ自動車に至っては、営業利益が2.8倍の1兆円に達する見込み。この1兆円でさえ、「ボトムラインとして確保していきたい」(豊田章男社長)と、さらなる“伸びしろ”があることを匂わせる。

トヨタの販売台数は870万台見込みと、前期から135万台も増える。これはマツダや三菱自動車の1社分の年間販売に当たる数字。トヨタは配当予想を出していないが、前期が据え置きの50円だったことから、今期増配も濃厚だ。

[クリックで拡大表示]

が、なのに、株価は反発に乏しかった。決算発表翌日の10日、トヨタ株は午前中こそ買い先行で一時80円高まで上昇したが、引けにかけて下げ、終値は25円高の3170円にとどまった。「1兆円」ではサプライズにもならない、ということか。同じく、今期は営業利益が2.7倍増見込みのホンダも、決算発表後の5月1日、97円安の終値2799円へと、逆に下げてしまっている。

世界の自動車市場全体は決して悪くない。調査機関のIHSオートモーティブによると、2012年は全世界で7876万台と、3年連続で増える見込みだ。13年には8000万台、17年には1億台に到達すると見られる。中国やインドなど新興国が牽引するのは間違いない。

ではなぜ、マーケットは素直に反応しないのか。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT