アコーディア・ゴルフ内紛の陰に、ライバル・PGMによる統合計画

今年1月に、民事再生法の適用を申請した太平洋クラブ。保有コースは17ながら、毎年秋に男子プロのトーナメント「三井住友VISA太平洋マスターズ」を開く御殿場コースを筆頭に、優良コースを数多く持つ名門だ。270億円ともいわれる入札価格で、太平洋のスポンサーとなったのがアコーディアだった。

太平洋の再生計画案の提出期限は6月30日。だが、6月28日の株主総会で経営陣が交代すれば、アコーディアが辞退し、スポンサー選定が再入札となる可能性がある。その場合、150億円前後の提示額で、2次入札前に辞退したとされるPGMにもチャンスが生まれる。これは神田社長が望む展開のはずだ。統合する(と神田社長が考える)アコーディアが高値で買うより、直接安値で買うに越したことはない。

2次入札以降まで残った米系の不動産ファンドエートス、日系のリゾートトラストなども再参戦してくる可能性がある。すでに一部では再入札をにらんだ動きが出ており、太平洋の争奪戦も混沌としてきた。

気になるのは、こうした争いがもっぱら金融の論理で動いている点。ゴルファーに対するメリットを訴えることができなければ、戦いに勝っても失うものは大きいはずだ。

アコーディア・ゴルフの業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示]


PGMホールディングスの業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示]


(金融ジャーナリスト:伊藤 歩 =週刊東洋経済2012年5月12日号)

記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT