アコーディア・ゴルフ内紛の陰に、ライバル・PGMによる統合計画

ローンスターから代わりの買い手を求められ、窮地に追い込まれた神田氏が最終的に頼ったのが平和。オリンピアは06年にアコーディアが新規公開したときからの株主。神田氏は機関投資家への売り出しを担当していた。当時オリンピアオーナーで07年に平和のオーナーになる石原氏と面識があってもおかしくない。

「海外も含む複数の投資家にPGM買収を打診、最終的に平和にはめ込んだのは神田氏。はめ込む以上は、平和にPGMの企業価値向上を保証していないわけがない。神田氏のPGM社長就任はその意味で当然だった」(ゴルフ業界関係者)。

平和による買収後、無役だった神田氏がPGM社長に就任した。これはスカウト人事ではなく、ある意味で既定路線といえる。そしてアコーディアとの経営統合もまたシナリオに含まれていたはずだ。

神田氏は、PGM社長就任翌日には、アコーディアにPGMとの経営統合を持ちかけた。が、竹生社長の拒否感は強かった。

竹生社長が在任しているかぎり、経営統合を進めようとすれば、敵対的買収にならざるをえない。日本で敵対的買収の成功は難しく、たとえ成功したとしても、買収金額が巨額になって、後の経営が悪化する。

私的流用疑惑で竹生社長を辞任か解任に追い込み、それができない場合、株主提案を通じて新経営陣を送り込む。秋本専務の会見から始まる一連の内紛劇は、PGM&平和による二段構えの作戦といえる。


ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT