沖縄経済の実力--本土復帰40周年、視線はアジアへ

 データもこれを裏づける。全国と比べると、製造業への就業者数も3分の1にすぎない(図)。県内総生産でも、全産業の1割強だ。そのため、サービス業を中心とした第3次産業が非常に大きい構図になっている(図)。

復帰直前から、日本政府は沖縄と本土との格差是正を図るため、復帰特別措置と沖縄開発三法(沖縄振興開発特別措置法・沖縄開発庁設置法・沖縄振興開発金融公庫法)を定めた。これに基づいて、10年単位の沖縄振興開発計画を策定し、県経済の振興が図られ、ガソリン税や航空機燃料税、酒税の軽減などを代表例とする優遇税制や特例の実施なども行われてきた。那覇空港の国内線ターミナルに行くと免税店を目にすることがあるが、これも優遇税制の一例だ。 

 

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
これが世界のビジネス常識<br>会社とジェンダー

「ジェンダーギャップ指数ランキング2021」で日本は120位という結果に。先進7カ国中で最下位かつ、女性の社会的地位が低いとされるアフリカ諸国よりも下です。根強く残る男女格差の解消は、日本経済が再び競争力を取り戻すために必須の条件です。

東洋経済education×ICT