沖縄経済の実力--本土復帰40周年、視線はアジアへ

 データもこれを裏づける。全国と比べると、製造業への就業者数も3分の1にすぎない(図)。県内総生産でも、全産業の1割強だ。そのため、サービス業を中心とした第3次産業が非常に大きい構図になっている(図)。

復帰直前から、日本政府は沖縄と本土との格差是正を図るため、復帰特別措置と沖縄開発三法(沖縄振興開発特別措置法・沖縄開発庁設置法・沖縄振興開発金融公庫法)を定めた。これに基づいて、10年単位の沖縄振興開発計画を策定し、県経済の振興が図られ、ガソリン税や航空機燃料税、酒税の軽減などを代表例とする優遇税制や特例の実施なども行われてきた。那覇空港の国内線ターミナルに行くと免税店を目にすることがあるが、これも優遇税制の一例だ。 

 

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
部品3社が日立の傘下に<br>始まったホンダ系列大再編

ホンダと日立製作所が傘下自動車部品メーカーの経営統合を発表した。日立オートモティブシステムズがホンダ系のケーヒン、ショーワ、日信工業を吸収し、国内3位に躍り出る。世界のメガサプライヤーに対抗できるか。再編新時代が始まった。