沖縄経済の実力--本土復帰40周年、視線はアジアへ

沖縄経済の実力--本土復帰40周年、視線はアジアへ

本土復帰から40年を迎える沖縄。第2次世界大戦末期に焦土と化し、その後27年にわたる米国による統治を経た末の、悲願の復帰。だが、「米軍基地の問題をはじめ、いろいろな問題を持ち込んで復帰した」という初代県知事・屋良朝苗(やらちょうびょう)氏(故人)の言葉どおり、「平和で豊かな沖縄県を築く」という目標にどこまで到達できたかは疑問が残る。

図は、復帰後の沖縄県内の失業率の推移を示したもの。復帰以来、失業率はつねに全国平均の倍近い高さで推移してきたことがわかる。

「島嶼(しょ)県であり面積も狭く、本土から離れているため物流などのコストもかかる。多くの雇用を生む製造業を十分に誘致できないまま、産業がいびつな構造になっていった」と沖縄経営者協会の知念榮治会長は説明する。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。