沖縄経済の実力--本土復帰40周年、視線はアジアへ

沖縄経済の実力--本土復帰40周年、視線はアジアへ

本土復帰から40年を迎える沖縄。第2次世界大戦末期に焦土と化し、その後27年にわたる米国による統治を経た末の、悲願の復帰。だが、「米軍基地の問題をはじめ、いろいろな問題を持ち込んで復帰した」という初代県知事・屋良朝苗(やらちょうびょう)氏(故人)の言葉どおり、「平和で豊かな沖縄県を築く」という目標にどこまで到達できたかは疑問が残る。

図は、復帰後の沖縄県内の失業率の推移を示したもの。復帰以来、失業率はつねに全国平均の倍近い高さで推移してきたことがわかる。

「島嶼(しょ)県であり面積も狭く、本土から離れているため物流などのコストもかかる。多くの雇用を生む製造業を十分に誘致できないまま、産業がいびつな構造になっていった」と沖縄経営者協会の知念榮治会長は説明する。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
史上最大の上場に賭ける<br>ソフトバンクの思惑

12月19日、ソフトバンクが上場する。過去最大規模の超大型上場だが、祭りの後は楽観できない。親子上場による利益相反、高い配当性向、キャッシュの流出など懸念材料は多数。同社の大胆な戦略の前提である安定した収益成長が崩れる日、事態は……。