一歩先行く「留学しやすい大学」はどこだ?

学校によってこんなにも違う!

中央大学商学部4年生の阿部立希さん(22)は、2014年8月から15年4月まで、シンガポール経営大学に留学していた。国をあげての奨学金制度「トビタテ!留学JAPAN」に認められ、1期生に選ばれたことから、お金の面では不安なく留学生活を送ることができた。

さらに、経団連が16年4月入社の就活の選考解禁を4カ月繰り下げて8月としたことから、就活にも間に合い、シンガポール留学を武器に商社の内定を勝ち取ることができた。

ただ、このようなケースは、極めてまれだという。

留学しやすい大学とは

シンガポールは8月に新学期を迎え、学年が終わるのが5月。だから、なんとか就活に間に合った。

欧米に留学した友人のなかには、就活を意識せずに6月に帰国し、準備したものの間に合わずに、本命企業に内定できなかった人もいるという。

「4年生の就活時期を逃すと、新卒という『箔(はく)』が落ちてしまう。それでは平等に戦えないかもしれないという不安から、留学を選択しなかった友人もいます」

早稲田大学で学生たちの留学をサポートしている国際部国際教育企画課兼留学センターの眞谷国光さんもこう話す。

「3年生の秋に留学すると、帰国するのは4年生の夏。就活の時期が繰り下げになっても4年生は間に合わない可能性がある。経団連に未加入のIT企業などもどう動くかわからないので安心できず、『新卒』を担保するために留年を選んで卒業を1年延ばすことも考えられます」

こうした不具合は、企業と大学が手を携えて事に当たらなければなくならない。一方で、大学がいま、できることから「留学しにくさ」解消に動いていることは事実だ。

末尾に挙げた四つの制度「4学期制」「秋入学」「交換留学協定校」「ダブル・ディグリー」の有無が、「留学しやすい大学かどうか」の一つの指標になるだろう。

次ページ「スーパーグローバル大学」も留学しやすい
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT