無声映画でフランス初のオスカー--映画『アーティスト』監督 ミシェル・アザナヴィシウス

米国映画の1年間の最高傑作を選ぶ、アカデミー賞。受賞者に贈呈される像の名前から「オスカー」の別名を持ち、世界最高の映画賞として知られる。そのオスカーで、最優秀作品賞や監督賞など5冠を獲得したのは、全盛を極める3D作品ではなく、モノクロのサイレント(無声)映画『アーティスト』だった。

舞台は、1920年代後半の米国・ハリウッド。主人公はサイレント映画に固執する人気俳優と、音声付きトーキー映画の時流に乗り、スターの階段を駆け上がる若手女優の2人だ。主流がサイレント映画から音声付きのトーキー映画に移行する中、2人の甘く切ない恋を描いた作品だ。

古典的な手法にもかかわらず、映画の醍醐味を存分に見せつけた『アーティスト』のメガホンを取ったのは、フランス人のミシェル・アザナヴィシウス監督だ。“フランス”初のオスカー受賞監督に、作品の発想の原点などを聞いた。

──『アーティスト』がオスカーを獲得した要因はどこにあると思いますか。

投票者ではないので、なぜ評価されたのかはわからない。ただこの映画は、古典的なところがある中にも現代性がミックスされている。それが人の心を引き付けたのではないか。ストーリーがシンプルなことも功を奏したと思っている。もう一つ、おカネをかけずに作ったら、期待以上のものができたというサプライズ効果があった。市場マーケティングなど売れる作品作りをしなかったことも幸いしたのではないか。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT