「商売に失敗する人」が絶対気づかない思考法

数字ありきで考えるのは危なすぎる

常見:いいですね。根っこにあるものって、「よりよい情報」って言っても別に詳しいことを求めているわけじゃないと。一方で検索の怖さがあって、よく20代の人たちを表す言葉で「なんでもこの人たちは検索して」というのがありますが、意外に検索の仕方がわかっていないんですよ。だからレポートのコピペってあっという間に見破れるんですけどね。

石川:当時はオールアバウトは「検索で自分の気持ちを満たせない人向けの情報サイト」というコンセプトに決めたんですよね。

対象への愛情が大事

対象への愛情も大事だが、商売としてはクールに見ることも必要。これが国語と算数の使い分けです

常見:そういうコンセプト作りって大事ですよね。今日ここにいる人が、「明日また営業の現場に行くぞ」とか「社内でいろんな検討をやるぞ」っていうときに、昨日よりちょっとだけ詳しく「不の解消」とか「不」を意識するためにはどうしたらいいんでしょう。

石川:やっぱり現場に行って、距離近くやるっていうことと、あとはものにもよるかもわからないけど、対象への愛情が大事な気がしていて、「なんとかしてあげたい」という気持ちになるとか。僕らは「イタコ」という言い方をしていたんですけど、その気持ちになってくると泣けてくる、みたいな。ただ、一方でそれだけやっていると、商売にならなかったりするので、すごく引いて第三者にクールに見るという使い分けをすることが必要だと思います。それが国語と算数の使い分けなんですよね。

常見:国語算数理科社会、さらに英を加えるとグローバル展開が見えてくるみたいなね。

石川:なるほど。

常見:日本でダメでも海外で持っていけばとか、日本でこれだけしかユーザーがいなくても海外に持っていけばとか。ちょっと途方もない話になりますが。ところで、最後に「会社を使って何かやれという」この本の根っこにあるメッセージについて、伺いたいのですが、そもそもなんでこの本を書こうと思いました?

:笑

常見:いやでもそこなんですよ。起業セオリーと関係があって、なぜ本を書くかというと、世の中にドロップキックをしたいんだと。マジ蹴りじゃ、叩かれたりする。でも華麗なドロップキックだったら、みんな、「……は!」と言う。

次ページ「はじめての社内起業」、なぜ書こうと思った?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中原圭介の未来予想図
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
沸騰! 再開発バトル<br>「不動産好況」はいつまで続く

東京をはじめ、地方都市でも活況が続く都市再開発。人口減少時代に過剰感はないのか。ベンチャーの聖地を争う東急・三井両不動産、再開発で「浮かんだ街・沈んだ街」、制度を巧みに使う地上げ最新手法など、多方面から街の表と裏の顔を探る。