「商売に失敗する人」が絶対気づかない思考法

数字ありきで考えるのは危なすぎる

石川:そうですね。会社員に、自分がいい仕事ができるためにコツがいくつかあると思うんですけど、ひとつは先ほどの会社の文脈をとらえるということも大きいのですが、「何かの分野で一番になる」ということはすごくいいですね。すごく狭くてもちっちゃくてもいいので、「このことはあいつが詳しいんだよね」という話をひとつ持っていると、何かの話があったときに結構回ってくるんですよ。「あいつ、あの卸のあのルートのあそこにはいちばん食い込んでるんだよね」とか「あのニッチな技術についてやたら研究してるんだよね」とかを作っておくと、社内人脈が広がったりするので、おすすめしたいですね。

狭くても小さくてもいい、「ナンバーワン」を持て!

常見:新規事業コンテストって、社内リクルーティングみたいなところがありますよね。「こいつ、こんなことを考えていたのか」とか「こいつ、このことに詳しいな」とかね。あと、ナンバーワンが一番だと思っていて、ニッチでもいいから、この分野だとナンバーワンっていうのがね。

石川:企業内起業に取り組んで良いことのひとつは、もしかしたら、何かの分野で世界一になれるかもしれない可能性を秘めているってことだと思うんです。たとえば、その会社の中で一番になることって、案外ニッチなことだったらあるんですよね。すごくニッチかもわからないけども。

その会社がある分野では日本で一番になることって、結構ありますよね。「この自動車部品のこのワイヤーのここの部分では日本一なんです」など、「この技術では日本一なんです」ということがいっぱいあるじゃないですか。その日本一の会社の中で、ニッチの分野で一番になれば、その人が日本一ですよね。

それが世界でもナンバーワンだったら、世界一かもしれないですよね。それをチャンスだというふうに思うんですよね。日本一になるって簡単じゃないですよ。なので、社内起業は、世界で一番になれるんじゃないかと本当に思っているので、これはなかなかない機会だぞと思うんです。

常見:範囲を区切るとか、掛け算するとあっという間にナンバーワンになったりするんですよね。

常見:今日はありがとうございました。

石川:ありがとうございました。

実に全部で16ページにも及ぶ超絶ロング対談、いかがだったろうか?気づいて欲しいことがある。ここで語り合ったことは、別に「起業」なんてものは何も関係なくて、仕事をする上で、誰もが大事にするべきことではないかと思うのだ。
一見、ルーチンのように見える毎日でも「事業」というレベルまでいかなくても、「企画」はいつも作っているはずだ。その時に、「不の解消」「国語算数理科社会」という考え方は活きるはず。「これはリクルートみたいな会社だからでしょ」とか、そういう観点ではなく、ここで論じたことが普段の仕事にどう活かせるかを考えて欲しい。
ここまで読んでくれてありがとう。パラダイムの転換は、パラダイス銀河を生み出すのだ。さあ、何かを変える、始めるという想いを胸に、行こうぜ、満員電車の向こうへ!
石川明さんと記念のツーショット!
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • 中学受験のリアル
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行員の岐路<br>30万人の明日はどっちだ

超低金利、過剰な店舗、デジタル化対応にフィンテックの台頭。大きな課題に直面する銀行の苦悩は、岐路に立たされる銀行員たちの姿でもある。3メガバンクの人事改革、銀行員の転職事情、地銀決算ランキングなど、銀行員必読の特集。