郵政3社株は、どれを買ってもそこそこ儲かる

今後の利益成長は不透明だが需給面で追い風

しかも、「ゆうちょ銀行と日本郵便、「相互依存」の矛盾」(10月20日配信)でも指摘されているように、ゆうちょ銀行は日本郵便に対し、毎年6000億円以上の委託手数料を支払っている。

ゆうちょ銀行がこの経費を節約しようとすれば、日本郵政グループの物流会社である日本郵便の利益が大きく減少することになる。一方、例えば日本郵便が窓口業務の手数料を値上げしたらどうなるか。今度は、ゆうちょ銀行の利益が大きく減少することになりかねないのだ。

上場後も、ファンドが「自動的」に買ってくる

多くの矛盾を抱えるといわれる今回の日本郵政グループ3社の上場だが、それでも11月4日の上場時には、「順調な船出」となる可能性が高い。というのも、需給面の追い風などもあるからだ。

つまり、12月末に向けて、TOPIX(東証株価指数)に組み入れられるため、TOPIX連動型のファンドが買ってくるからだ。こうしたファンドの買い入れ額は1000億円規模になることが予想されるため、需給面で大きな追い風になる。

1987年のNTT上場時ほどの盛り上がりはないものの、上場後買った人でもしばらくの期間は「そこそこ」儲かる可能性が高い。だが、そのあとはどうなるのか。政府による3社株の「追加売却」は今後2~3年ごとに、あと2回あるからだ。この時点では、まだ皆が最後までハッピーとなるのか、結末はわからない。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • トクを積む習慣
  • コロナウイルスの恐怖
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
CSR企業ランキング2020年版<br>信頼される会社

CSR(企業の社会的責任)と財務の両データで作成する東洋経済版CSR企業ランキング。14回目の今回はトップ3を通信会社が独占し、KDDIが初のトップに。2位はNTTドコモ、3位は日本電信電話。以下、上位300位まで収録しています。