日経平均の年内2万0952円回復は難しい?

50円のコールオプションが1日で700円に

今年の日経平均は、2万0982円まで戻らない?(写真:NOBU/PIXTA)

9月9日には日経平均株価が21年ぶりの上げ幅となるなど、値動きが激しい東京市場。8月末から9月前半までの約2週間、カリスマ投資家の内田衛氏はどんな投資をしていたのか。どうやら、日経平均の先物を中心に、変動率の高い相場で果敢に戦っていたようだ。いつものように株日記で振り返ってみよう。

吉野家HDの外食子会社「どん」で「舌鼓」

この連載の一覧はコチラ

【8月31日(月)】8月30日、吉野家ホールディングス(9861)の子会社である、どんの店舗(ステーキのどん)へ行った。夏休み最終の日曜日とあって小学生を連れの家族が多く、夕方6時でほぼ満席だった。行った理由は、先日、「株主様限定プレミアムカード」が送られて来たので、使ってみようと思ったから。(以前、どんが上場廃止決定して株価が暴落し、最終売買日の大引けの16円で5000株購入している)優待内容は、税込み金額から30%割引というもの。1回10名様まで利用できる。昨年は同様の内容で割引券が10枚送られて来た。

しかし、9月1日付でどん株式5000株は吉野家株200株と株式交換となり、どんは吉野家ホールディングスの完全子会社となるので、どんの優待カードは今回限りとなるだろう。どんの優待カードは、ランチでも使用でき30%割引は嬉しい。

上場外食企業の優待で、お食事券ではなく割引をしている企業はいくつかあるが、私が以前株主だったグローバルダイニング(7625)は15%割引であるが、ランチ使用不可だった。またゼンショー(7550)子会社のココスジャパン(9943)は、お食事券に加え、100株で5%、200株で10%割引カードがもらえる。利用すればする程お得になる。

優待目的保有銘柄のスクロール(8005)は、33円高(7.03%)の502円と東証1部で値上がり率第2位。日経平均株価は、245円安の1万8890円。東芝(6502)は、有価証券報告書の提出を再延期(9月7日)と発表。

次ページ東芝は大丈夫なのか
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショック、企業の針路
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。