日経平均の年内2万0952円回復は難しい?

50円のコールオプションが1日で700円に

【9月1日(火)】午前3時、日経225先物は、30円高の1万8870円。NYダウは、114ドル安の1万6528ドル。昨日再延期発表した東芝は、17円安の367円で寄り付き、20.5円安の363.5円で引けた。日経平均は、724円安の1万8165円と暴落。今年3番目の下げ幅。

16時、コロワイド(7616)の子会社で優待目的保有のカッパ・クリエイトホールディングス(7421)から、株主優待制度の変更に関するお知らせがあった。9月権利から100株保有で、お食事券540円×5枚が年2回から、親会社のコロワイドとアトムとの共通のポイントカードに変更するという。共通のポイントカードになるということは、相互の店舗で利用が可能となるということ。

優待ポイントは3000ポイントに増額(1ポイント1円)。1ポイント単位で使え、利便性がアップし、実質300円分増額となり、嬉しい変更のお知らせとなった。利用は12月下旬からの予定。

一方では、コロワイドが子会社のアトム(7412)の持ち株を売り出すと発表。優待目的で保有中。以前にも売り出しはあったが、今回の売り出し株数は3100万株(16.9%)と多い。新株を発行する訳ではなく、親会社の持分を売り出すのだが、明日以降、株価は下がるだろうな。2015年3月のコロワイドの保有は70.1%なので、売り出しは今回で最後か?

日経225先物で勝負!儲かったけどガマンが足りない

【9月2日(水)】午前3時、日経225先物は、230円安の1万7880円と下げ止まらず。NYダウは、469ドル安の1万6058ドルと大暴落。昨日、売り出しを発表したアトムは、73円安の785円。日経平均は、70円安の1万8095円で引けたが、高値と安値の値幅が610円もあり、乱高下。

15時15分、日経225先物9月限を1万8250円で1枚売り。理由は、15時で現物市場が引けてから理由もなく150円も上昇したから、ここは埋めてくるだろうとの予想。なかなか思うように下がらなかったので、16時55分、1万8180円で買い返済し、6万9136円の利益確定。その後、さらに下げ、ガマンが足りないと反省。

【9月3日(木)】午前3時、日経225先物は、30円安の1万8220円。NYダウは293ドル高の1万6351ドルと4日ぶり大幅反発。日経平均は、86円高の1万8182円と上昇したが、伸び悩む。

【9月4日(金)】午前3時、日経225先物は、30円高の1万8260円。NYダウは、23ドル高の1万6374ドル。日経平均は、390円安の1万7792円と2月10日以来7カ月ぶり安値。今日も日経平均は乱高下、9時、1万8312円(130円高)で寄り付き、13時19分、1万7608円(574円安)の安値を付け、1日の値幅はなんと703円。8月米雇用、17.3万人増で20万人に届かず予想下回る。8月失業率5.1%で7年4カ月ぶり水準。

次ページリソー教育によい知らせが?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地盤沈下に抗う<br>国際金融都市・ロンドンの秘策

強気の姿勢を押し出すジョンソン氏が首相に就任し、「合意なきEU離脱」が現実に迫る金融街シティー。逆境下で推進するフィンテック、グリーンファイナンス、人民元ビジネスの戦略を現地ルポ。イングランド銀行副総裁のインタビューも。

  • 新刊
  • ランキング