日本郵政の売出価格は1株1400円で決定

3社をあわせた売出額は約1.4兆円に

 10月26日、日本郵政の売出価格が1株1400円となり、上場する3社とも上限で決定。写真は6月の記者会見で話す西室社長(2015年 ロイター/REUTERS/Thomas Peter)

[東京 26日 ロイター] - 日本郵政<6178.T>は26日、新規株式公開(IPO)にともなう売出価格を1株あたり1400円にすると発表し、郵政3社の売出価格が出そろった。3社をあわせた売出の金額は約1.4兆円となり、民営化IPOとしては、ともに2兆円を超えたNTT<9432.T>、NTTドコモ<9437.T>に次ぐ3番目の規模となる。

日本郵政は、子会社のゆうちょ銀行<7182.T>、かんぽ生命<7181.T>とともに11月4日、東京証券取引所に上場する予定。ゆうちょ銀行、かんぽ生命の売出価格はともに仮条件の上限で決まっており、底堅い需要を裏付けている。

郵政3社は、短期の値上がり益を狙うより、長期に持ち続けることで価値が高まる「資産銘柄」としてとらえられているもよう。投資家にとっては、配当利回りの高さも魅力となっている。日経平均株価の対象銘柄の配当利回りは約2%だが、郵政3社の配当利回りは、最も低いかんぽ生命でも約2.5%(今期業績予想ベース)、日本郵政とゆうちょ銀行の配当利回りは3%台と、市場平均を上回る。

今回の売出で国が放出する日本郵政の株式は、全体の約11%。国は今後、できるだけ早期に現在の100%保有から、3分の1を残して株式を売却する見込み。

 

(江本恵美)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT