ドラッグストアなどリアルのプレーヤーは、ECの厳しさを理解していない--後藤玄利・ケンコーコム社長(第4回)

ドラッグストアなどリアルのプレーヤーは、ECの厳しさを理解していない--後藤玄利・ケンコーコム社長(第4回)

--ケンコーコムがECのヘルス&ビューティ市場でナンバーワンになるための課題は何でしょうか。

お客様は、ネットショッピングに対して「何でも欲しい」「早く欲しい」「安い価格で欲しい」と要求する。ECは「品ぞろえ」「サービス」「価格」の3つをいかに満たしていくかが、ビジネスのすべてになります。でも、それらを満たすには、相当な経営改善が必要。

特にサービスと価格のバランスをとりながら、なおかつリアルショッピングのコスト構造を上回る形で成長していくことは非常に難易度が高い。そこをクリアするのが当社の課題ですね。

ドラッグストアなどリアルのプレーヤーたちは、「ECは店舗や店員のコスト負担が少なくてうらやましい」と言いますが、リアルにはないデメリットもあるんです。たとえばECはおカネを回収する必要があり、クレジットカード払いにしたとしてもコストがかかる。

リアルのプレーヤーたちは今からECに参入しようとしていますが、甘いのではないでしょうか。彼らはホームページを立ち上げて自分たちのブランドロゴを押し出せば、ゴボウ抜きでシェアをとれると信じているようですが、そんな簡単な世界ではありません。

品ぞろえにしたって、ドラッグストアは数千商品しか扱っていませんが、当社は今17万商品扱っています。お客様はリアルより安いものをネットに期待しますが、実際には送料がかかるので生半可なことでは実現できない。ちなみにアマゾンさんが2010年11月から全商品送料無料にしましたが、このことがECに与えた影響は大きい。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。