今は利益よりも、成長を目指すべき時期だと思います--後藤玄利・ケンコーコム社長(第3回)

今は利益よりも、成長を目指すべき時期だと思います--後藤玄利・ケンコーコム社長(第3回)

--今年3月に中国の大手ドラッグストアチェーンの老百姓大薬房(LBX)と合弁会社を設立しました。

中国で卸とECを展開していきます。中国の成長率は8%といいますが、中でもECの成長率は倍々で伸びている。固定電話が普及する前に一足飛びで携帯電話やスマホが普及したように、多分それと同じことが流通にも起こるだろうと思っています。

今、中国では車を持つ人が増えて渋滞が起きていますが、すべての家庭に車が行き渡っているわけではありません。インフラが追いついていない状況なんです。日本はある程度時間をかけて経済発展していったので、道路などのインフラが整い車が普及したあとに大型のロードサイド店ができていきました。
 
 一方、中国では昔からお店といえば街中のパパママストアです。車がちゃんと普及する前にスマホが普及してしまったので、今後おそらく大型店は日本のように増えることはなく、流通は一足飛びでECが中心になっていくでしょう。

その中で、われわれは培ってきたECのノウハウを注入し、LBXのインフラやネットワークを活用して中国のローカルビジネスをつくっていこうと思っているのです。資本金はLBXが55%、当社が45%ですが、マネジメントを行う人間もこちらから出すということで、総経理には当社の副社長が就任しました。

--なぜLBXを選ばれたのですか。

中国で行われたワールド・エコノミック・フォーラムのテーブルで隣に座った人がたまたまLBXのダイレクターだったんです。ほかの会社も検討しましたが、結局マネジメントの透明性の高さが決め手となってLBXと組むことになりました。LBXには6割くらいヨーロッパのファンドが入っています。ヨーロッパのファンドとローカルの合弁なので、LBXは純粋な中国の会社よりもかなり経営の透明性が高いんです。

--2012年3月期のケンコーコムは、売り上げが伸びたにもかかわらず赤字の予想です。営業利益ベースで見るといつ頃に黒字に浮上できそうですか。

中国の事業は完全な投資なので今期の決算にも影響しましたが、早ければ12年3月期の第4四半期、遅くとも13年の第1四半期で回復すると考えています。通年で13年3月期は黒字になると思いますが、環境が許せばまだ赤字でも構わないと思っています。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT