(第41回)職がある者は守られ 若年者が負担を負う

(第41回)職がある者は守られ 若年者が負担を負う

図に示すのは、雇用調整助成金の都道府県別の対象者数(計画届受理ベース)の状況である。対象者数が、当該都道府県の人口に対して1%を超える県を赤で、0・5%以上1%未満の都府県を薄赤で示してある。

地域によって、この比率に著しい差があることが分かる。最も高い岐阜(1・51%)と最も低い沖縄(0・026%)では、58倍もの差がある。山形、福島、石川、福井がかなり高いことが注目される。この地域は、第38回で示した「製造業雇用者の高い地帯」とほぼ重なる。

他方で、農業の比重が比較的高い県では、比率が低い。北海道は0・18%だ。四国はいずれの県も0・2%台だ。また、九州でも、福岡、大分を除いて0・3%以下である。

大都市が存在する地域でも、比率は低い。首都圏では0・6%以下だし、零細工場が密集する東大阪市がある大阪の数字も0・72%だ。福岡は0・7%、宮城は0・8%だ。これは、大都市ではサービス産業の比率が高いからだろう。

比率が1%を超える地域は、愛知、静岡を中心とする自動車産業のサプライチェーン工場が存在する地域なのだ。雇用調整助成金は、形式的にはどんな産業でも申請できる。しかし、実際には、製造業、なかでも自動車産業を対象としたものであることが分かる。


政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産 危機の全貌<br>ゴーン追放 修羅場が迫る

19年間トップに君臨したカルロス・ゴーン氏が失脚。逮捕、そして解任という前代未聞の事態は実は序章にすぎない。カリスマの追放で日産自動車はこれからどうなるのか。日産に渦巻く危機の全貌を探る。