(第41回)職がある者は守られ 若年者が負担を負う

このため、特に景気が悪化した場合、若年雇用の失業率が平均以上に高まってしまうのである。

追いつめられないと改革できない?

「変革」は、つねに困難な課題である。ひとりの人間でもそうだし、組織や経済全体もそうである。白紙にデザインするわけにはいかない。昔からのしがらみや、イナーシャ(慣性)がある。多くの人が、これまでの制度に適合して生きているから、存在している組織や制度は、自らを守ろうとする。その半面で、現在存在していないものには、発言権がない。

変更をリードするのが市場の力だが、それに抵抗するのが政治の力である。かつて農業に向かっていた日本の公的支援は、いまや製造業に向かっている。

雇用調整助成金の給付は雇用保険で賄われている。雇用保険は本来の趣旨は、転職時のつなぎであり、従来の雇用を守るためのものではないはずだ。しかし、上で見たように手厚い給付なので、実態は、再就職のあてがない人に対する生活支援になっている。そして、過剰雇用を企業内に滞留させる結果になる。

しかも、雇用調整助成金を申請するのは、長期的に雇用を減らしてゆく企業である場合が多い。そうした企業に留まることを支援する結果、将来発展する企業への労働移動が阻害される。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当は怖い住宅購入
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衝撃!住めない街<br>自然災害・人口減を甘く見るな

東京・江東5区や川崎など、首都近郊でひっそりと「住めないエリア」が広がっています。近年の大規模災害で補修が追いつかないところに、人口減少、インフラ老朽化などが重なり、苦悩する街。その現実と、日本人の「住まい方」を考えます。

  • 新刊
  • ランキング