“普通の会社”を意識し出したアップル--クック新体制で株主還元を決めた意味

そして、ここに来ての大幅還元。ある業界関係者は、「中国での商標権問題や労務問題など、大きくなったがゆえに、世界各地で摩擦も目立ってきた。先鋭的なところだけでなく、ステイクホルダーとの関係を意識するなど、アップルもやっと“普通の会社”になろうとしているのではないか」と推測する。

「投資をしながら、今後も多額の現金を保有することは可能だ」

自信ありげにクックは語った。異才・ジョブズの類稀なるセンスで、革新的な製品を次々生み出してきたアップル。クック新体制になり、よくも悪くも普通の会社になりつつあるのか。軌道修正をし始めたクックの、次なる一手に注目が集まる(週刊東洋経済3月24日号(3月19日発売)では『アップルの賞味期限』を掲載)。(=敬称略)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • はじまりの食卓
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
関西電力がはまり込んだ<br>「原発マネー」の底なし沼

社会を揺るがした関電首脳らの金品受領問題。本誌は関係者による内部告発文や関電の内部調査報告書などで、「持ちつ持たれつ」の関係に迫った。実態解明は第三者調査委員会に委ねられるが、原発推進への自傷行為となったのは間違いない。