ソニー、イメージセンサー「勝利持続」への道

平井社長が描く勝利の方程式とは?

結論から言うと、平井社長は自信たっぷりだった。

「単価の下落を避けるためには、優位を保たなくてはいけない。現在は技術面で差別化できているので、指名買いして頂けるクライアントさんがたくさんいる」と優位性を強調してみせた。

差別化できていると強調するポイントは量産技術だ。「裏面照射や積層型といった(ソニーが強みとする)技術は他社も発表していて、小ロットでは製造している。ただ、歩留まりを上げて大量生産するには至っていない。何千万個と大量に生産する技術は別の開発行為だ。そこが差異化の要因になっている」(平井社長)。

必要なものは「外から持ってくる」

今後に関しては、「イメージセンサーをどんな方向に持って行くか、ここで今、話すことはできない。しかし、まだやるべきことはある。それに向けてどんな開発をすべきか、もしくは外から持って来るべきかという議論をしている」と説明し、すぐ他社に追随を許すことはないとした。

平井社長がここで「外から持って来る」と説明した一端と見られるのが、10月8日に発表したベルギーのイメージセンサー開発ベンチャーであるソフトキネティックシステムズの買収だ。

ソフトキネティックシステムズは、イメージセンサーを用いて対象物までの距離を測定する「距離画像センサー」の技術に強みを持つ。ソニーは同社買収で、たとえば身振り手振りで操作できるスマホなど、センシングの技術を活かした製品開発を加速させる構え。今後、自動運転化で普及が見込まれる車載用カメラや産業用ロボット、ドローンなどへの導入が視野にあるとみられる。

今回の買収にみられるように、ソニーはイメージセンサーというチップ(ハード)を製造するだけでなく、応用のためのソフトウェアにも積極的に取り組もうとしている。量産技術に加えて、よりマーケットに近い応用技術にもウィングを拡げることが、イメージセンサーの「勝利の方程式」と考えているようだ。その意味では、これからもこの分野でのM&Aを畳みかける計画なのかもしれない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT