カルディが好きな人は、何を買っているのか

輸入食材だけでなく国産品も充実

■カフェやレストラン、バンコクでも店舗を展開

カルディは小売店だけでなく、飲食店も展開しています。カフェのスタートは2000年。仙川の店舗にカフェ業態「カフェカルディーノ」を併設し、複合店第1号として営業を開始しました。

2003年には、ナポリスタイルのピッツェリア業態をスタート。現在、カフェ部門は国内に7店舗、レストランは2店舗を展開しています。

また、同社は海外にも進出しています。2005年、タイのバンコクにて、コーヒーの焙煎、飲食事業、オフィスコーヒー事業、食料品の輸出入を開始。日本同様、ショッピングセンターなどの商業施設に4店舗を展開します。

2014年にはカルディコーヒーファームの独自ドメインによる運営のEコマースショップ「公式オンラインショップ」がオープン。これによってネットによる商品購入も可能となり、さらに利用しやすくなっています。

輸入食材と魅力あふれるオリジナル規格品

カルディといって真っ先に思い浮かぶのは、ヨーロッパからアジア、アメリカ、カナダなど、さまざまな国々から集められた輸入食材ではないでしょうか? 特にハロウィンやクリスマスのようなイベントの時期には、色とりどりの輸入菓子が店頭に並び、その華やかなディスプレイに、多くのお客が引き寄せられます。

キャメル珈琲では1996年、幅広い輸入食材を扱えるよう、株式会社オーバーシーズを立ち上げ、食品・酒類の輸入を開始。1999年には酒類の直輸入を開始しました。筆者もトマトの缶詰やオリーブオイル、生ハムの切り落とし、タイのラーメンなどをよく購入しています。

画像を拡大
独自仕入れの輸入食材やオリジナルブランドも充実

また、同社は他の小売業同様、「KALDIオリジナル」と呼ばれるPB商品も有しています。看板商品であるコーヒー、スープやパスタソース、カレーなどのレトルト商品をはじめ、菓子や調味料、グッズなどその数は300種以上です。店内には手づくり感のあるPOPも多く、細やかな商品説明も目を引きます。

百貨店や他の輸入食材店にはない独自の品ぞろえは、決して安価なものばかりではありませんが、ちょっとしたぜいたくとして十分手の届く価格帯。店内では試食を実施していることも多いため、コーヒーのおもてなしとあわせて、つい手を伸ばし、カゴに入れてしまいます。高品質かつ幅広い品揃え、宝探し的な感覚で商品を選ぶ楽しさ、つい試したくなる店頭サービスは同店の大きな魅力です。

次ページ輸入食材だけでなく国産品もこだわり
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • フランスから日本を語る
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT