コロンビアは日本にとって重要な拠点になる、EPA協議は年央にも開始したい--オルギン外相に聞く


--今後、力を入れる産業などは。

1つはインフラ、もう1つはやはり整備の遅れている住宅の関連産業だ。また、石油や鉱業など資源分野も強化をしたい。さらに今後は、観光業も伸ばしたい。アジアのリゾートとは比べものにはならないが、それでも近年は関心が高まっており、観光分野も成長の余地があると考えている。

--昨年12月、中南米とカリブ海の33カ国は地域機構「中南米カリブ海諸国共同体(CELAC)を設立しました。この組織の目的は。

第一にその地域に所属している以上、その地域の一員として一体化することはとても重要だ。特にCELAC地域は多くの面でニーズが一致する。中南米やカリブ海諸国の多くはインフラの整備や、教育、ハイテク、科学分野などの改善・強化が必要だ。
 
 そういった共通の目的を持っている国や地域が一体化することで、地域全体がこの目的に向けて強く政策を推し進めることができる。そういった意味でコロンビアにとってもこの組織に加わることは重要だ。

(聞き手:倉沢美左 =東洋経済オンライン)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT