「錬金術」によるアメリカの株高は続かない

チャイナショックからの反発には「限界」

そういった環境下で、FRB(米連邦準備制度理事会)がメンツにこだわり12月に利上げを実施すれば、株価の下降トレンドは再び鮮明になるのではないでしょうか。

「錬金術」で上昇してきた米国株はいずれ下落する

チャイナショックが起こる8月まで、NYダウ平均を1万8000ドル前後で買い支えていたのは、米国企業の自社株買い、海外からの資金流入(日本や欧州などの資金)の、主に2つです。

これら2つのなかでも、とりわけ自社株買いが目立っていました。企業業績が冴えないなかで、2015年上半期の自社株買いは過去最高だった2014年を大幅に上回っているのです。

要するに、米国株は1株当たり利益がカサ上げされていて、もともと8月の暴落前までは割高な状態にあったわけです。その典型的な証拠として、米国株はここ数年、1株当たり利益の増益率が1ケタ台であったのに、株価上昇率は2ケタ台をキープしていました。

自社株買いによって株価が上昇し時価総額が増加すると、企業は資金調達がたやすくなります。そこで、ここぞとばかりに資金調達を増やし、その資金でさらに自社株買いをして株価を上昇させるという企業が米国内では増えつつあります。ぱっと見ただけで、胡散臭いネズミ講のような錬金術にも似ているのですが、このような錬金術はどう考えても続くはずがありません。

当たり前のことですが、この手の資金調達を繰り返すと、企業の負債が身の丈以上に膨らむことになるからです。米国の企業は収益が鈍化するかたわら、負債の蓄積が進んでいるというのですから、自社株買いは2016年には減少傾向に転じていくことになるでしょう。近い将来には、自社株買いは株価の下支え効果として期待できないということです。

次ページGPIFなど日本の機関投資家も米国株を買い支えていた
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT