注意!生命保険は「お守り」ではありません

多くの日本人は心理的な部分で間違えている

いくつか思いつくところを挙げてみましたが、どうも、ピタリと当てはまる理由は見つかりません。おそらく、いくつもの理由が錯綜しているのでしょう。

しかし、保険に詳しい人の中には、その理由は簡単明瞭だ、と断定的に答える人がいます。「まだまだ日本人には経済的余裕があるということだよ」というのです。家計が本当に困窮すれば、「お守り」だの「後悔」だの、そんなことを言っている余裕はないはずだ。1円を切り詰める状況に追い込まれれば、誰だって必要のない保険など躊躇することなくやめてしまう、というわけです。

たしかにそれはそのとおりでしょう。増税や社会保険料アップなどで本格化する「大負担時代」では、保険の見直しが一気に進み始めると思われます。ただここでの疑問は、なぜそこまで追い込まれないと、保険はやめられないのか、ということです。

最終的な答えは、「まだ多くの人たちが保険に入っている」という現状にあるようです。思い切った保険リストラを先延ばししている、その心理的根拠は、「他の人たちもまだ保険に入っている」という厳然たる事実にあるのです。

日本人が一斉に保険離れを始めるかもしれない

「他人と同じである」ことに大きな安心感を覚えるのは、日本だけでなく世界共通です。ただ、日本人はその度合いが特に高いと言われます。そして保険についても、その傾向が端的に表れています。戦後の経済復興から高度経済成長、そしてバブル崩壊までの右肩上がりの経済環境のなかで、日本は実質的に世界一の保険大国となりました(保険料規模では米国がトップですが、保障系の保険の加入実態では日本が群を抜いて世界第一位です)。

この期間、誰も彼もが保険に入り、「保険は入るのが当たり前」との意識が醸成され、それが保険加入ブームを支えました。「入るのが当たり前」の保険感は「他人と同じでありたい」という気質と表裏一体のものでした。他人と同じように保険に入ることで、自分も安心したかったのです。

バブル崩壊で保険ブームは終わりましたが、人々の意識のなかにはまだ「みんなと一緒の保険」感が残っています。この意識はもうしばらく続くかもしれません。しかし、日本人のこの気質がいずれ逆の作用をし始め、「一緒に保険をやめればこわくない」という流れを一気に出現させてしまう可能性も否定できません。

日本の保険ブームは、結局のところバブルのようなものでした。だから、いずれどこかでしぼんで、正常化されていくものでしょう。まだ少々時間はかかりそうですが、中高年世代はともかく、若い世代にはその兆候がはっきりと出始めています。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「合法薬物依存」の深い闇
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。