FIFA会長にスポンサー4社が即時辞任要求

コカコーラ、マクドナルドなど

 10月2日、国際サッカー連盟の汚職事件をめぐり、スポンサー4社がゼップ・ブラッター会長(中央)に対して即時の辞任を要求した。サンクトペテルブルクで7月撮影(2015年 ロイター/Maxim Shemetov)

[ニューヨーク/チューリヒ 2日 ロイター] - 国際サッカー連盟(FIFA)の汚職事件をめぐり、スポンサー4社が2日、同連盟のゼップ・ブラッター会長(79)に対して即時の辞任を要求した。

ブラッター会長は先週、背任容疑などでスイス当局の捜査を受けた。米コカコーラ、米マクドナルド、米ビザ、ビール世界最大手のアンハイザー・ブッシュ・インベブ(ABインベブ、ベルギー)がそれぞれ会長の辞任を要求し、組織改革を強く後押しする意向を示した。

ABインベブは声明で、スポンサーの一員として同連盟の改革プロセスに積極的に関与しているとコメント。コカコーラは「FIFAのイメージと評判が日を追うごとに傷ついき続けていく」とし、「大局的かつ早急な立て直しが必要」と述べた。

ブラッター氏はこの要求に対し、来年2月に選挙で後任が選ばれるまで辞任はしないと返答。同氏の弁護士は声明で、FIFAに必要な組織改革を進めるために辞任は最善策ではないという本人の考えを示した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT