「人材」ではなく「人財」で他社と差別化--葬祭事業ティアの「人財」開発戦略

 

「しかし、マニュアル通りに行われるだけではダメ。マニュアルに忠実に、100%間違いなくやりきっても、心がないとダメ。心の部分がないと、セレモニー全体に“事務的だね”、と冷たい印象を与える可能性がある」

松山登・部長代理は、社員教育のポイントは、マニュアルは当たり前で、それをベースにした「心の部分のサービスを実践できる人」に仕上げることができるかどうかだ、と語っている。

人財を作れなければ生き残れない

「お客さんの思い、情報を聞き取る力が必要。1回聞いたからOKではなく、お客さんはお通夜の後に、葬儀をこうしたいと心理変化をすることも少なくない。お客の思い、情報をその都度しっかり聞き取り、どのようなセレモニーにするかを考えて行うことができる人財をつくる」

“故人を自分の親のように最愛の人に想わないと、心のあるサービスはできない--”

サービス産業は、顧客の思いを知ることが重要。そして、最愛の人なら想いを知ろうとする。思いを知れば自然に行動が起こる。「すべてはお客さまの心の満足のために」。

松山登・部長代理は、そうした心の部分のサービスを若い社員たちに伝えている。

「人が付加価値だ。この考え方は、いずれは廻りまわってブランドにつながり、売り上げ、収益につながっていく」

「人財」をつくれるか否か--。高成長マーケットにある企業とはいえ、「人財」による高い品質のサービスを実行できる企業でなければお客の本当の支持は得られない。

松山登・部長代理は、どこまでいってもきりのない仕事に取り組んでいる、といえそうである。

◆ティアの業績予想、会社概要はこちら

(東洋経済HRオンライン編集部)

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT