フォルクスワーゲン、排ガス不正の波紋

苦戦する日本市場への影響は?

7月16日の新車発表会に登壇した庄司茂社長(当時)。だが、同月末で突如辞任してしまった

ドイツ本社で発覚したディーゼル車排ガス不正の波紋。日本法人では対象車種を展開していないが、ブランドイメージ悪化に伴う影響は免れそうにない。

都内のあるディーラーは問題発生以後、既存顧客に電話をかけて現状説明を続けている。首都圏でフォルクスワーゲン(VW)を主に扱う販社関係者は、「うちは昔からのお客さんが多いので、説明を尽くせばつなぎ留められる。ただこうなると、新規客を獲得してきたディーラーは厳しいだろう」とこぼす。

巻き返しに新車を発売したが・・・

もっとも、今回の問題が発覚する前から、新車販売は苦戦していた。今年上半期(1~6月)は前期比16.5%減の2万9666台。輸入車販売でトップシェアを10年以上保ってきたが、今回は半期ベースでメルセデス・ベンツ(3万2680台)の後塵を拝した。関東エリアで複数ブランドの輸入車を扱う販社の担当者は、「最近のVWは新鮮味に欠け、売れる車種が出てこない」と不満を漏らす。

こうした中、下半期の巻き返しに向けて、セダンタイプの新型「パサート」など複数車種を7月に発売した。フォルクスワーゲングループジャパン(VGJ)の庄司茂社長(当時)は発表会で、「パサートを起爆剤に、もう一度みなさんをVWに振り向かせる」と熱っぽく語り、トップシェアについても「逆転してきたい」と意気込みを示していた。が、庄司氏は、7月末で突如辞任。さらに本国で不正が発覚するなど、不慮の事態が重なっている。

次ページ年内に日本でディーゼル車発売?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT