フォルクスワーゲン、排ガス不正の波紋

苦戦する日本市場への影響は?

7月16日の新車発表会に登壇した庄司茂社長(当時)。だが、同月末で突如辞任してしまった

ドイツ本社で発覚したディーゼル車排ガス不正の波紋。日本法人では対象車種を展開していないが、ブランドイメージ悪化に伴う影響は免れそうにない。

都内のあるディーラーは問題発生以後、既存顧客に電話をかけて現状説明を続けている。首都圏でフォルクスワーゲン(VW)を主に扱う販社関係者は、「うちは昔からのお客さんが多いので、説明を尽くせばつなぎ留められる。ただこうなると、新規客を獲得してきたディーラーは厳しいだろう」とこぼす。

巻き返しに新車を発売したが・・・

もっとも、今回の問題が発覚する前から、新車販売は苦戦していた。今年上半期(1~6月)は前期比16.5%減の2万9666台。輸入車販売でトップシェアを10年以上保ってきたが、今回は半期ベースでメルセデス・ベンツ(3万2680台)の後塵を拝した。関東エリアで複数ブランドの輸入車を扱う販社の担当者は、「最近のVWは新鮮味に欠け、売れる車種が出てこない」と不満を漏らす。

こうした中、下半期の巻き返しに向けて、セダンタイプの新型「パサート」など複数車種を7月に発売した。フォルクスワーゲングループジャパン(VGJ)の庄司茂社長(当時)は発表会で、「パサートを起爆剤に、もう一度みなさんをVWに振り向かせる」と熱っぽく語り、トップシェアについても「逆転してきたい」と意気込みを示していた。が、庄司氏は、7月末で突如辞任。さらに本国で不正が発覚するなど、不慮の事態が重なっている。

次ページ年内に日本でディーゼル車発売?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
進撃の商社<br>純利益1兆円への野望

資源価格の反発で総合商社の業績は絶好調、非資源での新規ビジネス創出にも余念がない。純利益1兆円突破への期待も出てきた今、商社の実力を総点検する。5大商社のトップがそろい踏み、「人材編」にはイラストで各社のキャラ解説も。