ラグビー日本代表、3日にサモアと対戦

敗れれば準々決勝進出は絶望的に

 10月1日、ラグビーのW杯イングランド大会1次リーグB組、世界ランク12位の日本は同11位のサモアと3日に対戦する。1勝1敗同士のカードは、敗れたチームのグループリーグ突破が絶望的になる大一番となる。9月撮影(2015年 ロイター)

[ロンドン 1日 ロイター] - ラグビーのワールドカップ(W杯)イングランド大会の1次リーグB組で、世界ランク12位の日本は同11位のサモアと3日に対戦する。1勝1敗同士のカードは、敗れたチームのグループリーグ突破が絶望的になる大一番。

両チームは勝ち点4で並び、2位南アフリカに3差、首位スコットランドには6差をつけられている。日本は南アフリカ相手に大金星を挙げたが、スコットランドには完敗。サモアは米国を破ったものの、2戦目は汚名払拭に燃える南アフリカの餌食となった。

サモアのスティーブン・ベサム監督は「あとがない状態で、この試合にすべてを懸けるつもり」と意気込む。センターのジョージ・ピシも「決勝戦のつもりで戦う。日本を甘く見てはいけない」と語った。

日本は中3日で戦ったスコットランド戦とは異なり、今回は休養十分。プロップに畠山健介、ロックに大野均、小野晃征をスタンドオフに起用するなど、メンバーを変更する予定。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT