ブーメラン 欧州から恐慌が返ってくる マイケル・ルイス著/東江一紀訳 ~国民性が顔を出す「国家破綻」の実相

ブーメラン 欧州から恐慌が返ってくる マイケル・ルイス著/東江一紀訳 ~国民性が顔を出す「国家破綻」の実相

評者 中岡 望 東洋英和女学院大学教授

極めてタイムリーな本である。まさにギリシャ救済問題が最終段階にあり、多くの人々が「国家が破綻する」ことはどういうことか疑問を抱いている中での出版である。

本書で取り上げられているのは、アイスランド、アイルランド、ギリシャの三国とアメリカのカリフォルニア州である。また、EU内の破綻国の命運を握るドイツの果たす役割と問題点にも一章が割かれている。

著者はベストセラーを連発する人気ノンフィクション作家である。処女作『ライアーズ・ポーカー』では1980年代の投資銀行の内幕を暴き、大いに話題となった。最近ではサブプライムローンの内幕を描いた『世紀の空売り』、アメリカンフットボールを題材とした『ブラインドサイド』、メジャーリーグのアスレチックス球団の経営者を取り上げた『マネーボール』などがある。同作はブラッド・ピット主演で映画化されてヒットしている。

本書は著者が雑誌『ヴァニテフィ・フェア』に寄稿した記事を元に書かれたものである。実際に金融危機や国家破綻を経験した国を訪れ、政府の担当者やバブルに踊った個人を取材して、政府が破綻した社会に何が起こっているか緻密に報告した“ルポルタージュ”である。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 今見るべきネット配信番組
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT