ロシア経済、潜在力は魅力だが、見えない「近代化」策

2008年のリーマンショックの影響を受けて、翌09年にはマイナス7.8%にまで成長率は落ち込んだものの、同年後半からは早くも回復を始め、10年には4%にまで回復。固定資本投資も09年のマイナス16.2%から6%にまで回復している。11年の経済成長率は同じ4%台になりそうだ。

主な貿易相手国は、10年にはEUが49%と全体の半分を占める。国別では中国が9.5%と最も多く、以下オランダ、ドイツ、イタリア、ウクライナと続く。

日本が占めるシェアは3.7%と09年比微増。日ロ貿易の総額は約2.1兆円と同86.8%増となったものの、リーマンショック以前の水準の3.1兆円までは回復していない。ロシアへの輸出の6割が自動車で、あとは一般機械や電気機器が占める。逆にロシアからは原油や液化天然ガスなど鉱物性燃料が75.8%を占める。以下、非鉄金属や魚介類などの食料品となる。 

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 就職四季報プラスワン
  • 見過ごされる若者の貧困
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT