ロシア経済、潜在力は魅力だが、見えない「近代化」策

2008年のリーマンショックの影響を受けて、翌09年にはマイナス7.8%にまで成長率は落ち込んだものの、同年後半からは早くも回復を始め、10年には4%にまで回復。固定資本投資も09年のマイナス16.2%から6%にまで回復している。11年の経済成長率は同じ4%台になりそうだ。

主な貿易相手国は、10年にはEUが49%と全体の半分を占める。国別では中国が9.5%と最も多く、以下オランダ、ドイツ、イタリア、ウクライナと続く。

日本が占めるシェアは3.7%と09年比微増。日ロ貿易の総額は約2.1兆円と同86.8%増となったものの、リーマンショック以前の水準の3.1兆円までは回復していない。ロシアへの輸出の6割が自動車で、あとは一般機械や電気機器が占める。逆にロシアからは原油や液化天然ガスなど鉱物性燃料が75.8%を占める。以下、非鉄金属や魚介類などの食料品となる。 

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
JR北海道<br>労使癒着の深い闇

赤字路線を多数抱え、自力再建が難しいJR北海道。来年にも経営支援のために公金が投入される。だが、革マル派と密接な労働組合と会社の労使協調路線を放置したままでよいのか?