ロシア経済、潜在力は魅力だが、見えない「近代化」策

2008年のリーマンショックの影響を受けて、翌09年にはマイナス7.8%にまで成長率は落ち込んだものの、同年後半からは早くも回復を始め、10年には4%にまで回復。固定資本投資も09年のマイナス16.2%から6%にまで回復している。11年の経済成長率は同じ4%台になりそうだ。

主な貿易相手国は、10年にはEUが49%と全体の半分を占める。国別では中国が9.5%と最も多く、以下オランダ、ドイツ、イタリア、ウクライナと続く。

日本が占めるシェアは3.7%と09年比微増。日ロ貿易の総額は約2.1兆円と同86.8%増となったものの、リーマンショック以前の水準の3.1兆円までは回復していない。ロシアへの輸出の6割が自動車で、あとは一般機械や電気機器が占める。逆にロシアからは原油や液化天然ガスなど鉱物性燃料が75.8%を占める。以下、非鉄金属や魚介類などの食料品となる。 

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
米国・イランのチキンゲーム<br>本質を知るための5大論点

ソレイマニ少将の殺害、報復攻撃と、米国とイランの対立が先鋭化し、年頭から世界を震撼させました。中東情勢が激動する中で、注視すべき事態の本質とは。国際政治からイラン経済まで、日本屈指のプロ5人に見立てを聞きました。