ロシア経済、潜在力は魅力だが、見えない「近代化」策

拡大
縮小

2008年のリーマンショックの影響を受けて、翌09年にはマイナス7.8%にまで成長率は落ち込んだものの、同年後半からは早くも回復を始め、10年には4%にまで回復。固定資本投資も09年のマイナス16.2%から6%にまで回復している。11年の経済成長率は同じ4%台になりそうだ。

主な貿易相手国は、10年にはEUが49%と全体の半分を占める。国別では中国が9.5%と最も多く、以下オランダ、ドイツ、イタリア、ウクライナと続く。

日本が占めるシェアは3.7%と09年比微増。日ロ貿易の総額は約2.1兆円と同86.8%増となったものの、リーマンショック以前の水準の3.1兆円までは回復していない。ロシアへの輸出の6割が自動車で、あとは一般機械や電気機器が占める。逆にロシアからは原油や液化天然ガスなど鉱物性燃料が75.8%を占める。以下、非鉄金属や魚介類などの食料品となる。 

関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT