ロシア経済、潜在力は魅力だが、見えない「近代化」策

WTO加盟で一部関税の引き下げ・撤廃も行われ、紛争処理でも海外企業のリスクは減るが、農業団体や航空機産業などWTO加盟に反対する声も小さくはない。そのため、選挙を前にプーチン首相も経済問題に関して発言を控えているようだ。

唯一、ロシアの経済誌『ベドモスチ』に寄稿した論文でプーチン首相の今後の経済政策が垣間見える。エネルギー部門などへの国家の関与を弱め、経済の諸問題は仲裁裁判所に移管すべきと主張しつつも、「韓国や中国の成功は、国家の後押しによる効果が過ちを犯すリスクを上回る」と示している。今後も、国家権力による経済関与を続ける意志が見える。

とはいえ、モスクワ、サンクトペテルブルクを中心に、トヨタや日産など自動車メーカーやコマツ、日立建機といった企業がすでに展開。ユニ・チャームなど日用品メーカーの進出も進んでいる。ロシアはガスタービンやLEDライト、低燃費の自動車など、エネルギー効率化に関連する企業や、医療機器・製薬などバイオ関連事業の進出を望んでおり、日本企業にも潜在的魅力はありそうだ。

市場としての潜在力は誰もが認めるが、そこをどう攻略するか。ロシア側がどこまで外国企業を受け入れるかを見極めながら、慎重にビジネスを進めていく必要があるだろう。

(週刊東洋経済2012年2月18日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

photo:Bradmoscu CC BY-SA

 

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT