ロシア経済、潜在力は魅力だが、見えない「近代化」策

医療、エネルギー関連など高付加価値産業を育成

原油価格が1バレル100ドル前後と高止まりしている中、資源収入が安定しているうちに経済の構造改革を成功させて過度な資源依存から脱却し、ハイテクやバイオ産業など、高付加価値の産業を育成・拡充させる--。これがメドベージェフ大統領、そして次の指導者になるであろうプーチン首相の思惑だが、現段階ではまだ具体策が少ない。

09年にメドベージェフ大統領が鳴り物入りでブチ上げたプロジェクトがある。それは、ロシア版シリコンバレーとも言えるイノベーションセンター「スコルコヴォ」だ。「スコルコヴォ」はモスクワ近郊にある村の名前で、医療やエネルギー効率化、核エネルギー、宇宙通信、IT(情報技術)分野でのベンチャー育成を目指した研究開発都市が建設されている。この5分野は、そのままロシア経済の「近代化」の目標に当てはまる。15年には入居者の活動が本格化する計画で、総工費は1200億ルーブル(約3000億円)だ。

ただ、最近ここを訪れたモスクワ在住の日本人ジャーナリストは「言われているほど工事などは進捗していない様子だった」と打ち明ける。現在ではビジネススクールが核となっているが、「その学生たちの姿が見える程度」(同)。海外からの投資を呼び込みたいが、投資環境が特に優れているわけでもなく、スコルコヴォへの海外企業の食指はまだ動いていないようだ。

だからこそ、WTO加盟を投資呼び込みの切り札としたいが、プーチン首相はもともと保護主義的な傾向を持つ。それは、資源関連で設立された合弁企業がその後ロシア側に買収されたりした例があることでもわかるだろう。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT