ハロウィンのこと、正しく理解していますか

知ればきっとタメになる蘊蓄100章

21. ハロウィンの日、子どもたちを迎える準備ができている家は玄関の電気を灯しておくのが歓迎のサイン

22. 訪問してほしくない場合は消灯しておけば玄関のチャイムを鳴らさないという暗黙のルールがある

23. お菓子をもらえなかった場合、報復の悪戯をしてよいとされる

24. 実際に生卵を投げつける、玄関の装飾品をトイレットペーパーでぐるぐる巻きにするなどの悪戯が行われる

カボチャの「ジャック・オー・ランタン」、ルーツは?

25. ハロウィンのイメージカラーはオレンジと黒。オレンジは収穫、黒は闇を表わす

26. ハロウィンのシンボル「ジャック・オー・ランタン」は、もともとはカボチャではなくカブ

27. 昔のケルト人たちはカブの一種「ルタバガ」という根菜をくり抜き、提灯にして魔除けとしていた

28. カボチャになったのは移民とともにハロウィン文化が伝わった米国でカボチャの生産量が多かったため

29. ジャック・オー・ランタンのジャックはアイルランドの伝説の人物、飲んだくれの鍛冶屋(農夫説もある)の名前

ジャック・オー・ランタン、もともとはカボチャではなくカブだった(写真:FamVeld / PIXTA)

30. ジャック・オー・ランタンは生前の悪事により天国にも地獄にも行けずさまようジャックが持つ提灯に由来する

31. 米国では時期が近づくとハロウィン用のカボチャを販売するPumpkin Patchが街の中に出店される

32. 米国で「pumpkin」はハロウィンで使われる橙色のカボチャのこと。食用には向かないとされる

33. 日本で一般に食用されているカボチャは「squash」

34. 一説には米国で販売されるカボチャ(パンプキン)の99%がジャック・オー・ランタンに使われるという

35. ランタンはさまざまなデザインで彫られ、ハロウィンシーズンにはカーヴィングコンテストも行われる

36. ハロウィンの定番的なオブジェのモチーフは、おばけ、魔女、黒猫、ゾンビ、クモ、ガイコツ、棺桶など

37. 黒猫がハロウィンのシンボルのひとつとなっているのは、ヨーロッパでは魔女の使いと信じられているため

38. 同様にクモやコウモリもハロウィンの象徴とされる

39. 本場米国でハロウィンの仮装の定番となっているのは魔女、ゴースト、ガイコツなど西洋の民間伝承の登場人物

40. 狼男、ドラキュラ伯爵、フランケンシュタイン、ミイラ男など20世紀前半のユニバーサルピクチャーズのホラー映画由来のモンスターもハロウィンではメジャーな存在

次ページ人気のハロウィンコスチュームは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT